キャッシング状況の現在とは?

キャッシングというと、昔は貸し付け条件が厳しいイメージがありました。安定した企業に正社員として勤務しているのはもちろん、勤務年数や収入なども詳しく調べられたものです。パート勤務程度の稼ぎでは、合法的な金融業者ではキャッシングできない時代がありました。
しかし、正規雇用が激変し、さらに総量規制法が実施されて以来、キャッシングの条件が非常に緩くなっています。現在、小口のキャッシングであれば、パートでもアルバイトでも利用できるところがほとんどです。さらに、以前はサラ金のほうが銀行よりも簡単に融資していましたが、現在では大きな違いはなくなっています。それどころか、総量規制対象外の銀行なら、無職の専業主婦でも借りられるほか、収入の3分の1以上の貸し付けをしてもらえることもあります。
ですので、以前門前払いで借りられなかったから…と諦めず、再度申込をしてみることをおすすめします。ずいぶんと審査が簡単になっていると実感するかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です