住宅ローンの返済計画を立てるには

一生に一度の大きな買い物とも言われる住宅の購入。一戸建てからマンションまで、住宅ローンを組んでいかなくてはなりません。
金融機関によって金利や返済プランが異なってくるので慎重に選ぶ必要があります。

住宅ローンの審査基準は?

住宅ローンを組むには厳しい審査が待ち受けています。やはり、金額が大きい分、信用情報が重要視されるのです。
年齢・勤続年数・年収の他に他社借入件数・借入金額も見られます。延滞履歴・債務整理などがあれば審査に落ちてしまう恐れもあります。

他に借入があっても住宅ローンは組めるの?

他社借入・・・例えばカードローンで借入をしていて、毎月の返済額に頭を悩ませている場合、まとめることは可能化のでしょうか?
おまとめローンで解決する可能性もありますが個人的な融資に対して厳しい金融機関があることも確かです。できるだけ借金を完済してから住宅ローンを組む方が賢明です。

金利タイプを把握しておく

金利タイプには固定金利・変動金利があります。
〇固定金利・・・返済が完了するまで金利が一定。そのため返済額の計画が立てやすいのが利点です。一定期間だけ固定されているタイプも。
一方、金利が下がっても見直しされないという欠点があります。
〇変動金利・・・定期的な金利の見直しにより金利が変動する。金利は半年に1回、返済額は5年に1回見直し。金利水準が下がると利息が減るのが利点。
逆に金利が上がると返済負担が増えるのが欠点です。

ローンシュミレーションから返済計画を立てやすく

住宅ローンシュミレーションからから毎月の返済額を試算することができます。
借入希望額・返済期間・ボーナス返済(する場合)・金利・返済方法・返済開始月と入力していき、自動計算してくれます。
シュミレーションは金融機関によって若干入力項目が異なりますがおおむねこのような形になります。

ローンの中でも特に高額な住宅ローン。金融機関選び、金利や金利タイプの選択と返済計画を慎重に立てることが最も重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です