生命保険からキャッシングができる制度とは

生命保険を契約している人は、キャッシング会社と契約しなくてもキャッシングができる契約者貸付制度が利用できます。
契約者貸付制度とは、自分が契約している保険会社から解約返戻金を担保としお金を借りることができる制度で、会社により異なりますが解約返戻金の7~9割ほどの金額を借りることが可能です。
契約時期や商品の内容にもよりますが、利率は一般的にキャッシングを利用するよりもはるかに低く、契約している商品も解約することなく必要なお金を用意することができます。また、毎月の支払い額の決まりがないため、ボーナスなどを利用して返済するといった自分の都合に合わせることができるのも特徴です。
借りた金額の返済前に契約満期になった場合は、その時点で入る金額から借りた元金と利息が引かれるようになっています。また、元金と利息の合計が解約返戻金の金額を超えた場合、所定の期間までに返済を求める通知が届くため、そうならないためにも早めに返済することがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です