生命保険からキャッシングができる制度とは

生命保険を契約している人は、キャッシング会社と契約しなくてもキャッシングができる契約者貸付制度が利用できます。
契約者貸付制度とは、自分が契約している保険会社から解約返戻金を担保としお金を借りることができる制度で、会社により異なりますが解約返戻金の7~9割ほどの金額を借りることが可能です。
契約時期や商品の内容にもよりますが、利率は一般的にキャッシングを利用するよりもはるかに低く、契約している商品も解約することなく必要なお金を用意することができます。また、毎月の支払い額の決まりがないため、ボーナスなどを利用して返済するといった自分の都合に合わせることができるのも特徴です。
借りた金額の返済前に契約満期になった場合は、その時点で入る金額から借りた元金と利息が引かれるようになっています。また、元金と利息の合計が解約返戻金の金額を超えた場合、所定の期間までに返済を求める通知が届くため、そうならないためにも早めに返済することがおすすめです。

キャッシングを分割返済する時に注意したいこと

キャッシングとカードローンは、どのように違うのでしょう。元々キャッシングというのは、借りたお金を一括で返す方法、カードローンは分割して返す方法でした。しかし今では、両方とも意味としてはほぼ同じとなっています。また消費者金融での借入をキャッシング、銀行での借入をカードローンと呼ぶこともあります。
借入れた金額にもよりますが、分割で返済する場合は、回数はなるべく少なめにした方がお得です。なぜかといえば、返済には利息がかかります。現在の消費者金融では、利息は上限が20パーセントで、業者によっては17パーセントや18パーセントで融資を行っていることもあります。
ただし18パーセントの利息であっても、たとえば50万円を借入れ、それを1年間かけて返済した場合、利息は9万円かかってしまうことになります。ですから短期間で返済した方がお得なのです。また急にお金が必要になったけど、2週間ほどで返済できる場合は、1か月間無利息で利用できるキャッシングがいいでしょう。

住宅ローンの返済計画を立てるには

一生に一度の大きな買い物とも言われる住宅の購入。一戸建てからマンションまで、住宅ローンを組んでいかなくてはなりません。
金融機関によって金利や返済プランが異なってくるので慎重に選ぶ必要があります。

住宅ローンの審査基準は?

住宅ローンを組むには厳しい審査が待ち受けています。やはり、金額が大きい分、信用情報が重要視されるのです。
年齢・勤続年数・年収の他に他社借入件数・借入金額も見られます。延滞履歴・債務整理などがあれば審査に落ちてしまう恐れもあります。

他に借入があっても住宅ローンは組めるの?

他社借入・・・例えばカードローンで借入をしていて、毎月の返済額に頭を悩ませている場合、まとめることは可能化のでしょうか?
おまとめローンで解決する可能性もありますが個人的な融資に対して厳しい金融機関があることも確かです。できるだけ借金を完済してから住宅ローンを組む方が賢明です。

金利タイプを把握しておく

金利タイプには固定金利・変動金利があります。
〇固定金利・・・返済が完了するまで金利が一定。そのため返済額の計画が立てやすいのが利点です。一定期間だけ固定されているタイプも。
一方、金利が下がっても見直しされないという欠点があります。
〇変動金利・・・定期的な金利の見直しにより金利が変動する。金利は半年に1回、返済額は5年に1回見直し。金利水準が下がると利息が減るのが利点。
逆に金利が上がると返済負担が増えるのが欠点です。

ローンシュミレーションから返済計画を立てやすく

住宅ローンシュミレーションからから毎月の返済額を試算することができます。
借入希望額・返済期間・ボーナス返済(する場合)・金利・返済方法・返済開始月と入力していき、自動計算してくれます。
シュミレーションは金融機関によって若干入力項目が異なりますがおおむねこのような形になります。

ローンの中でも特に高額な住宅ローン。金融機関選び、金利や金利タイプの選択と返済計画を慎重に立てることが最も重要です。